ホーム > ふれあいビジネス事業局(旧ふれあいクッキング局) > 食育と健康

食育と健康

食育と健康

小売業者様や食品メーカー・企業様の協力を基に、子供たちから中高年代まで、元気に毎日を過ごすために、
「食」についてじっくり学んでいただく機会を提供しています。

幼・小中学校、PTAとの取り組み

保護者・教師対象 

保護者・教師対象

心も身体も若々しく、いつまでも笑顔で輝いていれる母の姿や毎日元気に仕事にでかける父の姿の大切さと、ホルモンの働きや食生活との関わりを伝えています。

事例 忙しいママの為のアンチエイジング講座

親子対象  例)バランス指針&夏休みのランチ

親子対象

2か月の休みの間には、朝抜きや朝昼食兼用の食生活を行う子供が多く、バランスが崩れ、さらに夜更かしや夜食、菓子類の過剰摂取も見られます。
そのことがどのように新学期になってから子供の身体や心、学力に影響を与えるのかを伝えます。

事例 ミニ食育講座

子供対象  例)夏休み一泊研修

子供対象

一泊研修にて、子供達に野菜や果物の取ることの重要性や食物を大切にする心など、ゲーム等を通じて伝えていきます。実際調理することによって、作ることの楽しさや、もったいない、感謝の気持ちなどを養います。

地域・子供・保護者対象  例)年に一度の食育&健康フェスタ

地域対象

グランドでは、野菜を多く取ってもらおうと、野菜の格安販売に各食品メーカー様や小売業者様が、食育と健康をテーマにメニュー提案や、食育ゲーム、鰹節削りの実演などを開催。
体育館では、ドクターセミナーや親子クッキング、健康栄養相談コーナー、食育パネル展示が行われた。
また、家庭科室では、健康をテーマにお父さんの為の料理教室を開催しました。

事例 「2009年 三西 食のEXPO」大阪市立三軒家西小学校
   大阪市 大和田小学校 食育&健康フェスタ

5 A DAY  例)授業のカリキュラムで食育指導(生活科・家庭科・社会科等々)

ファイブアデイ

1日5皿分(350g)以上の野菜と200g以上の果物を食べる。
野菜・果物を食べる大切さを知る体験学習。
スーパーマーケットを教室に、野菜や果物に直接触れたり味わったりしながら、その大切さを学んでいきます。

事例 ふれあいイベント 5 A DAY

中高年対象

地域の老人会や中高年対象に、食育&健康をテーマにセミナーやクッキング教室を開催

中高年対象

生活習慣病予防メニューなど、年齢に合わせたセミナーなどを開催。また、健康的にお酒を楽しむ方法なども伝授しています。

このページの一番上へ

ふれあいビジネス事業局(旧ふれあいクッキング局)

お問い合わせ

フォーラム

近畿・中四国エリア NEWSヘッドライン