名残の食材をたっぷり詰め込んだ、贅沢すぎる3品です!

講座名 :何度も作りたくなる!人気のお店の和食

講 師 :奥本 武志先生
旬の炊き込みご飯「しきしき」店主

メニュー:鹿尾菜(ひじき)ご飯
松茸と占地の土瓶蒸し
鯛の兜煮

1121-1

本日のお魚は『鯛』

とても立派で、スタジオにある一番大きな鍋でも煮るのが窮屈なほど^^

食べ応え満点の1品となりました☆

煮魚を美味しく作るコツは、

・丁寧な下処理
・酒をたっぷり使うこと

の2つだそうです。

先生に教わって以来、実践なさっているという方からは
「いつもと違う!どうやって作ったの?と家族に褒められました!」と
嬉しいご報告がありました^^

1121-2

鹿尾菜ご飯は優しい味付けながら、出汁と磯の香りが相まって食欲をそそります。

しきしきの日替わり弁当作りに大活躍!という『乾物』の面白い使い方も
惜しみなくお伝えしました。

お客さま同士の情報交換もまた、毎日の食事作りのヒントになりますね♪

そして主菜に引けを取らないほど豪華な土瓶蒸しの蓋を開けると…

松茸、大黒しめじ、ハモ、海老などの具材が♡
「遅ればせながら、松茸は今年初です!」と皆さまに大変喜ばれました。

1121-3

教室なので豪勢に食材を揃えましたが、
お手頃な食材のバリエーションもご紹介したところ、
「毎年、お正月に茶碗蒸しを作るけれど、来年は土瓶蒸しにしようかな~?」
というお声もありました♪

 

またご感想を伺えるのを楽しみにしております^^

本日もお越しくださり、ありがとうございます。