朝夕は随分涼しくなってきましたね^^
今回は女性が大好きな〝芋・栗・南瓜〟を詰め込んだ秋の御膳です♡

 

講座名 :何度も作りたくなる!人気のお店の和食

講 師 :奥本 武志先生  旬の炊き込みご飯「しきしき」店主

メニュー:

  • 甘栗ご飯
  • 焼き茄子の味噌汁
  • イリコの磯辺揚げと三種の野菜の衣揚げ
  • 薩摩芋の檸檬煮

揚げ油を駆使した今回。

まずはこんな裏技からご紹介です!

グリルでは時間がかかる焼き茄子も、揚げれば一瞬で火が通りますよ。

しかも、つるんっ♪と簡単に皮が剥ける!

「こんなキレイに剥けるなら・・・1~2本じゃ物足りないくらい!!笑」というお声もあったほど^^

「今回は味噌汁の具として使います。

まとめて翡翠茄子を作って八方出汁に浸けておくと、立派な一品になりますよ♪」と先生。

せっかく油を用意するなら、一度の手間でいろいろ作り置きしたいですよね!

 

本日、大人気だったのは〝イリコの磯辺揚げ〟です。

「出汁を取るくらいしか使ったことがなかったけれど、
レパートリーが増えました\^^/カルシウムが丸ごと摂れるところもいいね!」と

見事にメイン食材へと変貌を遂げた『イリコ』に、皆さま驚きを隠せないご様子^^

冷めてもパリパリ食感のため、お弁当のおかずにもおすすめ。

またお酒のおつまみにも堪らない!お箸が止まらない!!そんな一品です。

そして先生が急遽、市場で見つけてきてくれたイガ栗は・・・

スライスして、何とも珍しい〝栗せんべい〟として召しあがっていただきました。

甘栗ご飯は、天津甘栗を用いた方法のご紹介です。

「これなら好きなときに、手軽に作れるから嬉しい!」とこちらも好評でした♡

薩摩芋と合わせて煮たのは、さわやかな香りの国産レモン。

先生のお庭からお持ちいただいた、グリーンのレモンを用いました。

材料4つで作るシンプルなお料理だからこそ、素材の味が際立ちます^^

できたお料理から盛り付けて・・・試食の時間を迎えます\^^/

お店で人気のメニューが目白押しだった今回♪

秋の味覚をたっぷりとお楽しみいただける内容となりました♡

スタジオの様子は、奥本先生のお店『しきしき』のブログにも掲載されています。

よろしければご覧ください☆彡

本日もお越しくださり、ありがとうございます。