ホーム > 近畿・中四国エリア NEWSヘッドライン

近畿・中四国エリア NEWSヘッドライン(4月20日)

FABEX2018
近畿・四国エリア82社出展

 日本食糧新聞社主催の「FABEX2018」(第21回ファベックス2018、第15回デザート・スイーツ&ベーカリー展)が11〜14日、東京ビッグサイトで開催され、近畿・四国エリアから82社が118小間を形成した。同時開催の「第5回ハラールマーケットフェア」も併せ、活気づくエリア出展企業とともに、各ブースを紹介する。




FABEX2018
ヤンマーアグリイノベーション
ライステクノロジーかわち
ライスジュレに加工性 

 ヤンマーグループのヤンマーアグリイノベーションとライステクノロジーかわちは「コメの常識を越える新素材、ライスジュレで作る新しい食の創出」をコンセプトに、アピールした。
 ライスジュレとは、コメ主原料のグルテンフリー新食品素材(米ゲル)で、保水性が高く、パンや麺類などのグルテンフリー化が可能で、経時劣化が遅く、パンのふっくら感が長続きする。  低カロリーの溶けにくいアイスクリームほか、乳化剤や増粘剤など添加物代替として使用できる。




FABEX2018
田中食品興業所 食品加工の課題解決に

田中食品興業所 田中食品興業所のブースでは、強みの製菓・製パンチャネルに加え、外食や中食、給食など幅広いユーザーに向け「食品加工の課題解決」企業としてPRした。
 同社は固形成分入りで常温流通が可能なペースト・シート状加工に強みをみせるが、この分野で培った加工技術を活用し、炊飯加工商品や学校給食向けに、伝統の味「かやくご飯ベース」とスパイシーな「ジャンバラヤベース」。幅広い料理に合う「肉味噌ソース」などの商品を試食とともに紹介した。

写真=幅広いジャンルで改題解決に貢献する田中食品興業



FABEX2018
東亜食品工業 充実のハラール認証品

 東亜食品工業は、「ハラールマーケットフェア」に出展。「より多くの人にメードインジャパン乾麺のおいしさを味わってほしい」と、業界先駆けてハラール認証を取得した「ハラール認証」商品の多様なラインアップを紹介。すでに東南アジアやイスラム圏に輸出し「日本食人気の高まりとともに、人気上昇中」と胸を張った。
 一方、ベジタリアン向けアニマルフリー商品として「とんこつ風ラーメン」の試食を行い、本格的な味わいとともに「通常の豚骨ラーメンより、後味さっぱりでおいしい」と好評を得た。




出版物のご紹介

専門紙がまとめた情報・データの宝庫!
詳しくは下記をクリックして下さい。

日本食糧新聞社の書籍(本社HPへ)

媒体のご紹介

多彩な情報機能のサービス!
食品産業の行政、経営、人、商品をいち早く報道する新聞としては食品界では"ナンバーワンの総合専門誌"
詳しくは下記をクリックして下さい。

日本食糧新聞社の新聞・雑誌(本社HPへ)

お問い合わせ先

近畿・中四国のニュース掲載、広告掲載等のお問い合わせは
日本食糧新聞社 関西支社
〒530-0047 大阪市北区西天満5-2-18 三共ビル東館10階
TEL06-6314-4181 FAX06-6367-8650

お問い合わせフォーム

このページの一番上へ

ふれあいクッキング局

ふれあいクッキング局

フォーラム